当社は、設計・製作しました 6 持っBeagleBoneブラックを使用して制御脚式移動ロボット 3 自由度 (DOF) 足あたり. 逆運動学運動のための実装. コントロールにシリアルサーボコントローラを開発 20 サーボ. パン船上からWiFi経由でSSHプロトコルとビデオストリーミングを使用して無線LANネットワーク上で実装されたリモートコントロール & tilt webcam for surveillance. ソース

BeagleBoneブラックゲイン $50 4.3-インチのタッチスクリーンキャップケープ

BeagleBoneブラックゲイン $50 4.3-インチのタッチスクリーンキャップケープ

BeagleBone-ブラック・ワイヤレス - スペック

BeagleBoneブラックワイヤレス開発をスピードアップ

On the subject of development boards, それがアルドゥイーノとラズベリーパイについてだけではありません. TI-優しいBeagleBoneは、ミックスにあり, 余りに, fighting for your curiosity

Which is a good reason to emphasize some developments around the BeagleBone Black single-board PC: there is the latest version and 2 BeagleBoneチームからの新しいマント.

同様BeagleBoneブラックWirelessなど (ページダウン), additionally, there are 2 new ‘cape’ add-on boards for the existing BeagleBone Black.

BeagleBoneブラックワイヤレス

スターターBeagleBoneブラックワイヤレス用, これを内蔵して、本質的にBeagleBoneブラックです 802.11 B / g / nの2.4GHz帯のWi-FiおよびBluetooth. それはラズベリーパイの方法で、次のい 3 Wi-Fiに構築することにより、簡単に無線通信を行うためにサポート.

そのパワープラントは、テキサス・インスツルメンツSitara AM3358 1GHzのARMのCortex-A8であります

「BeagleBoneブラックと同様に, ワイヤレスは、HDMI出力を維持します, シリアルデバッグポート, PCのUSBインタフェース, USB 2.0 ホスト, reset and power buttons, and includes 2 more status Led lamps for WiFi and Bluetooth,” writes BeagleBone.org.

“As well kept is the 4GB of built in eMMC memory with Debian Linux preinstalled, that allows the BeagleBone Wireless to boot in approximately Ten secs and have you developing via your web browser in below Five min’s making use of merely a single USB cable.”

You can find the details of the board by expanding the image earlier mentioned, データシートは、ダウンロードのためにここに記載されています.
https://element14.com/community/servlet/JiveServlet/downloadBody/84121-102-2-360701/BeagleBone%20Black%20Wireless%20Datasheet.pdf

Realize that it marks the introduction of the Octavo OSD3358 SiP, BeagleBone機能を含む1つのBGAパッケージに.

Take a look at its capabilities and positive aspects by this web page link http://www.mouser.com/new/octavo-systems/octavo-systems-osd335-sip/

Provided that we’re dealing with charge card-dimensions peices of kit, space must be made for additional features. It indicates this particular BeagleBone has lost its 10/100 イーサネットポート, creating space for a TI WL1835 WiLink wi-fi interface.

全体の仕様:

Processor
:: AM335x 1Gigahertz ARMのCortex-A8
:: SGX530グラフィックスアクセラレータ
:: NEON浮動小数点アクセラレータ
:: 2X PRU 32ビット200Megahertzマイクロコントローラ

接続オプション
:: WiLink 1835 802.11B / G / Nの2.4GHzのWiFi, ブルートゥース, プラスブルートゥーススマートモジュール
:: USBクライアント: パワー, デバッグおよびデバイス
:: USBホスト
:: マイクロ高精細マルチメディア・インターフェース出力
:: 2バツ 46 ピンヘッダ

メモリ
:: 512MB DDR3 800MHZ RAMメモリ
:: 4GB Inserted eMMC Flash with Debian Distribution pre-installed
:: マイクロSDカードスロット

ソフトウェア機能
:: Debianの
:: アンドロイド
:: Ubuntuの
:: Node.jsの上Cloud9 IDE / BoneScriptライブラリのw

Plus the the two new capes…

ワイヤレスケープアドオン

Keep in mind that the new Wireless Cape takes BeagleBone Black over and above the capacities of BeagleBone Black Wireless, points out Steve Bush in his news piece about the release. It is based upon Texas Instruments WiLink 8 (WL1837) 工業用デュアルバンド (2.4GHz as well as 5Gigahertz), 2×2 MIMOのWi-Fi, BTとBluetoothスマート (otherwise known as BT LE), which equally comes with Zigbee and NFC.

The cape comes with Debian Distribution pre-installed and 4GB of built-in eMMC Flash memory. “Developers can be developing employing their web browser in less than Five min’s with the help of just a single USB cable,」ファーネルは言いました.

ディスプレイの岬のアドオン

Be aware there is additionally a Display cape addon available too. It has connections for a 4.3″ カラータッチスクリーン「モバイルのようなインターフェースのための」LEDバックライトと容量オーバーレイ.

岬は、対話型のプロジェクトに焦点を当てて, embedded systems and stand-alone set ups.

物価

費用は、BeagleBoneブラックワイヤレス約£55であります, 表示岬アドオンのための£35と無線ケープアドオンのための£44 .

アマゾンオンラインマーケットで購入

BeagleBoneブラックワイヤレススターターキット- Includes : 無線LANとBluetoothでBeagleBoneブラックワイヤレス–クリアケース–電源–マイクロUSBケーブル
HTTPS://www.amazon.com/BeagleBone-Black-Wireless-Starter-Kit/dp/B01NGTOX40

私たちは、世界的に顧客の数百人を務めてきましたし、あなたの次のパートナーは、私たちかもしれません. 我々は、すべての次のレベルにあなたのビジネスやプロジェクトを持参するように設定されています!

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *